« 佐藤史生展 | トップページ | 佐藤史生展、続き »

2010年1月28日 (木)

プラスチック疲労

今のアトリエを建ててから今年の春で15年目を迎えます。
その当時から使っているお気に入りのプラスチックのカップ、
いよいよ疲労度が激しいので、さよならとなりました…。

今やアンティーク?
アメリカのWEST BEND社のものです。


128a

このとおり…プラスティック疲労が。
お湯を入れると、ぴしぴしっと音がしますcoldsweats02

128b

仕事場のコンセプトカラーが黄色でしたので、ぴったりでした。

そもそも、15年前でもアンチックなもの。
母が箱に入れて長年使わずにいたものをもらってきました。

どれほど古いのかというと、
映画「アポロ13」に同じものが!出てきましたので、
時代考証が正しければ1960年代後半から70年代ということに
なりますね〜。40年前ですか〜〜〜。

カップ、プラスチック部分が二重でしっかり厚みがあり
持っていても全然熱くないしエアも間にあるので冷めない。

仕事場のミニキッチンシンクがほうろうなので、
ガラスや陶器ですと割れやすいんです。
ですので、このカップはとても重宝してました。

     
  
で、いざ次のものを…と探しましたら…。
なかなか見つからない!

地元近辺のショップは全滅。
あっても、プラスチックとなると、子供向けのものです。
確かにそうでしょうね…安全性を考えて。

こうなったらネットで探すしかない、ということで
見つけたのがこちら!
シンプルで持ち手も大きくて扱いやすい!


128c


こちらは珍しく、純日本製。フィギュアとかも作られてますhappy01
タケヤ化学工場株式会社
耐熱温度も高く(-20℃〜140℃)電子レンジもオッケーという
超優れものです。
いながらに気に入ったのもが見つかって、さすがネット社会!と
感心しているところです。

それでも、お気に入りレトロな黄色のカップ捨てられずにいるので…
観葉植物でも入れて、再び利用したいと思っています。


  
 
ネーム…追いこみ中。
明日には手が、離れそうです。っていうか、そうしないと…shock
   
   
</a

|

« 佐藤史生展 | トップページ | 佐藤史生展、続き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 佐藤史生展 | トップページ | 佐藤史生展、続き »